スフィンクス (Sphynx)図鑑画像

基本情報

スフィンクス (Sphynx)基本情報画像
猫種名 スフィンクス (Sphynx)
原産国 カナダ
毛種 ヘアレス
サイズ 中型ネコ
公認団体 CFA・TICA・FIFe

歴史

スフィンクス (Sphynx)歴史画像

スフィンクスカナダ原産の猫種です。

古代エジプトメキシコなど突然変異で無毛の猫は古くからから世界各地で誕生してきましたが、正式に繁殖計画がスタートしたのは1966年カナダ・トロントで発見された1匹のネコからでした。

繁殖計画当初は『カナディアン・ヘアレス』と呼ばれていましたが、古代エジプト猫に酷似しているため後に『スフィンクス』と改名。

カナダでの繁殖計画は失敗に終わり血統は途絶えてしまいましたが、1970年代アメリカで発見された無毛猫に『アメリカンショートヘア』『デボンレックス』を交配させたものがルーツだと考えられています。

その他に類を見ない個性的な外見で様々な広告に抜擢され、現在では日本を含む世界中で飼育される人気猫種となっています。

特徴

スフィンクス (Sphynx)特徴画像

スフィンクス最大の特徴は特異な無毛ですが、まったくの無毛ではなく極めて短い産毛に覆われています。

シワシワの皮膚もスフィンクスの特徴の一つだと思われがちですが、全てのネコが備えている標準的な特徴です。

体重3kg~7kgと見た目の印象とは裏腹に重めで筋肉質セミフォーリンタイプの体型、吊り上がった目と大きな耳、ひげが生えていないことも特徴の一つとなっています。

性格

スフィンクス (Sphynx)性格画像

スフィンクスはなにより人間好きなことで知られており、イヌのように人見知りしない個体が多いので初対面の来客にも仲良く接します。

ただ、人間好きと言っても相手から距離を縮められることは苦手としているのでネコらしい面も当然持ち合わせています。

活発遊び好きやんちゃな面もありますが、賢くしつけがしやすいので初心者にも飼育しやすいネコと言えるでしょう。

毛色

スフィンクス (Sphynx)毛色画像

毛色に関してはあらゆるパターンが認められています。

飼い方

スフィンクス (Sphynx)飼い方画像

活発で遊び好きなスフィンクスですが人との触れ合うことをなによりと喜びとしているので、キャットタワーを設置するのではなくおもちゃなどで遊んであげる必要があります。

被毛がほぼないので暑さ寒さともに苦手としているので冷暖房費がかかり、日光紫外線を直に浴びてしまうので服などを着せてあげる必要があります。

ブラッシングはする必要性はありませんが、皮膚が脂っぽく汚れが溜まりやすいので毎日濡れタオルで拭いてあげましょう。

なりやすい病気や寿命

スフィンクス (Sphynx)病気寿命画像

スフィンクスの平均寿命は11歳~15歳とされ、他のネコと比べてやや寿命は長めです。

見た目とは裏腹に身体は丈夫ですが、肥大型心筋症などの心臓疾患になりやすいとされています。