シンガプーラ (Singapura)図鑑画像

基本情報

シンガプーラ (Singapura)基本情報画像
猫種名 シンガプーラ (Singapura)
原産国 シンガポール
毛種 短毛種
サイズ 小型ネコ
公認団体 CFA・TICA・GCCF

歴史

シンガプーラ (Singapura)歴史画像

シンガプーラシンガポール原産の猫種です。

成猫でも3kg程にしかならないため『小さな妖精』と呼ばれており、公認されている純血種の中で最も小さいネコです。

起源に関して確かな情報はなく不明な点が多いですが、古くからシンガポールの下水溝などに住み着いていた野良猫でした。

1970年代になってシンガポールに赴任していたアメリカ人夫妻が、シンガプーラを母国に数匹持ち帰ってペットとしての繁殖をスタートさせます。

新品種と認定されてから原産国シンガポールを代表するネコとして、日本を含む世界中で飼育される人気の猫種となっています。

特徴

シンガプーラ (Singapura)特徴画像

体重2kg~3kgの最小の身体が最大の特徴。

ただ、最近は様々なネコとの交配が重ねられているため、4kg~5kgまで大きくなる個体も多くなっているので小さい個体を飼育したい場合は血縁関係をチェックする必要性があります。

全体的に細いですががっちりとした筋肉に覆われたセミコビータイプの体型、アイラインで縁取られたアーモンド形の大きな瞳と付け根の広いピンと立った耳が人気のポイントです。

性格

シンガプーラ (Singapura)性格画像

小さな妖精』と称されるシンガプーラは、人懐っこく甘えん坊イヌような性質の持ち主です。

基本的に穏和で静かな時間を好む個体が多いようですが、 陽気で遊び好きな面もあり幼い子供のいる家庭でも問題なく飼育できます。

ただ、神経質寂しがり屋なので、一人暮らしや留守の多い家庭では相性の良いネコとの多頭飼いが推奨されています。

毛色

シンガプーラ (Singapura)毛色画像

毛色はセピア・ブラウンセピアアグーティタビーが基本。

飼い方

シンガプーラ (Singapura)飼い方画像

身体が小さく運動量は少ないほうで、おもちゃなどで飼い主と遊ぶことをなによりの喜びとしています。

鳴かない猫の代表例にあげられるシンガプーラは、大人しいので集合住宅でも問題なく飼育可能です。

短毛で抜け毛は多いほうですが、週2.3回のブラッシングで十分ケア可能です。

なりやすい病気や寿命

シンガプーラ (Singapura)病気寿命画像

シンガプーラの平均寿命は11歳~16歳とされ、他のネコと比べてかなり寿命は長めです。

神経質なので遺伝性の貧血ストレス性疾患になりやすいですが、見た目の印象ほど身体は弱くはありません。