シャム (Siamese)図鑑画像

基本情報

シャム (Siamese)基本情報画像
猫種名 シャム (Siamese)
原産国 タイ
毛種 短毛種
サイズ 小型ネコ
公認団体 CFA・TICA・FIFe

歴史

シャム (Siamese)歴史画像

シャムタイ原産の猫種です。

1300年代タイ王国には『シャム』『シ・サワット』『スパラック』の三種類の猫種が存在していました。

その中でもシャムは王室や貴族の上流階級や、寺院などの高貴な職位のみが飼育が許可される由緒ある品種でした。

1885年にイギリス総領事に譲渡されたことからヨーロッパに渡り、その後イギリスで開催されたキャットショーで数々の賞を受賞して瞬く間に欧米の社交界で人気となりました。

第二次世界大戦勃発により一時は絶滅が危惧されるほど数を減少させましたが、現在は日本を含む世界中で飼育される人気猫種となっています。

特徴

シャム (Siamese)特徴画像

優雅で高貴な外見とサファイアブルーの瞳がトレードマーク。

体重2.5kg~4kgとかなりコンパクトで首からしっぽまで細長いオリエンタルタイプの体型、耳は大きく先が尖っており長く細い美しい足は前足より後ろ足の方が長くなっています。

クロースライイングと呼ばれる被毛は、光沢があってシルクのような柔らかな手触り良いものとなっています。

また、非常に高い繁殖力を持っており、日本ではシャムの遺伝子を有している雑種が多くいるので、度々シャムの毛色をした猫が出現することがあります。

性格

シャム (Siamese)性格画像

クールな見た目通りとてもわがままでマイペースシャムですが、心を許した相手には甘える愛嬌ある性質の持ち主です。

古くから上流階級で飼育されてきたシャムは頑固で自尊心が強く、手の焼けるネコらしいネコを飼育したい方にピッタリです。

非常に賢く人間をよく観察しているので、飼育環境により性質もかなり変化する奥深い品種といえます。

毛色

シャム (Siamese)毛色画像

毛色はポイントカラーブルーブラックチョコレートライラックが基本。

飼い方

シャム (Siamese)飼い方画像

好奇心旺盛シャムは人と遊ぶことや高い場所を好むので、キャットタワーを設置しておもちゃを使って遊んであげると非常に喜びます。

基本的に社交的なので他の動物とも仲良くできますが、常に自分を一番に位置づけているので多頭飼いする場合の接し方には注意する必要があります。

短毛ですが抜け毛は多く、最低でも週2.3回のブラッシングを行ってください。

なりやすい病気や寿命

シャム (Siamese)病気寿命画像

シャムの平均寿命は10歳~14歳とされ、他のネコと比べても平均的な長さです。

遺伝疾患が多く病弱なシャムは、『眼球振盪』『慢性腎不全』『先天性難聴』など様々な病気にかかりやすいとされています。