ロシアンブルー (Russian Blue)図鑑画像

基本情報

ロシアンブルー (Russian Blue)基本情報画像
猫種名 ロシアンブルー (Russian Blue)
原産国 ロシア
毛種 短毛種
サイズ 小型ネコ
公認団体 CFA・TICA・FIFe

歴史

ロシアンブルー (Russian Blue)歴史画像

ロシアンブルーロシア原産の猫種です。

起源に関しては古くからロシア・アルハンゲル島で自然発生したブルー色の猫が先祖だと考えられていますが、確かな情報はなく現在も判明していません。

1860年代にロシアからの商船に乗ってイギリスへ渡ったことをきっかけに、その気品溢れる美しさで瞬く間にヨーロッパの上流階級で人気の猫種となりました。

第二次世界大戦勃発により絶滅が危惧されるほど数を減少させますが、『ブリティッシュショートヘア』や『シャム』などを交配させ数を安定させることに成功させました。

現在では日本を含む全世界でトップクラスの飼育数を誇る人気猫種となっています。

特徴

ロシアンブルー (Russian Blue)特徴画像

光沢のあるシルバーに近いブルーの被毛とエメラルドグリーンの瞳がトレードマーク。

密集した分厚いダブルコートの被毛は一本一本が非常に細くシルクのような手触りになっています。

体重は2.5kg~5kgと平均よりかなり軽く無駄のないスリムなフォーリンタイプの体型、『コブラヘッド』と呼ばれるくさび形の頭とまん丸の目、細長いモデルのような足をもっています。

ロシアンスマイル』と称される口角の上がった微笑んでいるように見える顔と、爪先立ちで歩いているように独特の歩行スタイルも特徴の一つです。

性格

ロシアンブルー (Russian Blue)性格画像

気品のある外見通り穏やかで大人しい性質の持ち主ですが、非常に神経質で警戒心が強いため見知らぬ客が来ると姿を見せない場面も少なくありません。

飼い主や認めた相手には従順ですがプライドが高く気難しいので、ネコらしいネコを飼育したいという方にピッタリと言えるでしょう。

基本的にゆったりとした時間を好む傾向があり、賑やかな大家族より静かな一人暮らしでの飼育ほうが推奨されています。

毛色

ロシアンブルー (Russian Blue)毛色画像

毛色はブルーが基本。

飼い方

ロシアンブルー (Russian Blue)飼い方画像

遊び好きではありますが運動量は決して多くはなく、キャットタワーを設置して時折遊んであげれば十分です。

ボイスレス・キャット』と称されるほどほとんど鳴くことはなく、常に落ち着きある性質もあって日本の狭い住宅環境にピッタリのネコです。

ただ、極寒地帯ロシアで古くから生息していたため、暑さに弱く日本の高温多湿を非常に苦手としているで夏場は冷房が必須です。

分厚いダブルコート抜け毛が多く、美しい被毛を維持するためにも毎日のブラッシングが欠かせません。

なりやすい病気や寿命

ロシアンブルー (Russian Blue)病気寿命画像

ロシアンブルーの平均寿命は11歳~15歳とされ、他のネコと比べてやや寿命は長めです。

遺伝疾患がほとんどない丈夫な身体をしているロシアンブルーですが、肥満ストレスが原因で病弱になりやすいので出来る限り遊んであげてください。