キムリック (Cymric)図鑑画像

基本情報

キムリック (Cymric)基本情報画像
猫種名 キムリック (Cymric)
原産国 カナダ
毛種 長毛種
サイズ 小型ネコ
公認団体 TICA

歴史

キムリック (Cymric)歴史画像

キムリックカナダ原産の猫種です。

マンクス』の繁殖過程で突然変異的に誕生したセミロングの品種を固定化した長毛種の『マンクス』です。

17世紀頃に貿易船マン島に立ち寄った際に土着化したネコが祖先だと考えられています。

カナダ原産ですが、ウェールズでこよなく愛されていたネコのため『キムリック=ウェールズ族の』と名付けられました。

原産国カナダアメリカなど北米で多くみられる品種ですが、ヨーロッパ日本での飼育数はそこまで多くはありません。

特徴

キムリック (Cymric)特徴画像

ランピー』『ランピーライザー』『スタンピー』『ロンギー』からなる4種類のしっぽがトレードマークで、特に完全にしっぽのない『ランピー』が非常に希少で人気です。

短い前足と長い後ろ足による『マンクスホップ』と呼ばれるウサギに跳ねるような歩き方も人気ポイントの一つです。

体重は3kg~6kgとやや瘦せ型でコビータイプの体型、耳はやや離れぎみでクリンとした丸い大きな瞳をしています。

性格

キムリック (Cymric)性格画像

引っ込み思案で飼い主以外の人間には懐きにくいキムリックですが、品種改良の過程で『マンクス』よりは人懐っこく改良されています。

ただ、自立心が強いため家族と認めた相手にも無駄に接することを嫌う個体も少なくなくありません。

人に懐きにくい反面、愛情深く忠誠心の強いので一人暮らしの飼育環境に向いているとされています。

毛色

キムリック (Cymric)毛色画像

マンクス』と同様に様々なバリエーションの毛色が認められています。

飼い方

キムリック (Cymric)飼い方画像

運動量は少なく自発的に運動しないのでキャットタワーを設置する必要性はありませんが、狩猟本能が強いので小動物との同居はおすすめできません。

運動不足が原因で肥満になることが多く、人間の食事を与えないのは勿論のこと食事管理にも細心の注意が必要です。

長毛のダブルコート抜け毛が多く毛玉になりやすいので、毎日2回のブラッシングが欠かせません。

なりやすい病気や寿命

キムリック (Cymric)病気寿命画像

キムリックの平均寿命は10歳~14歳とされ、他のネコと比べても平均的な長さです。

うさぎのような独特の歩き方が原因で『椎間板異常』や『膀胱炎』など関節系尿路系の疾患になりやすいとされています。