アビシニアン (Abyssinian)図鑑画像

基本情報

アビシニアン (Abyssinian)基本情報画像
猫種名 アビシニアン (Abyssinian)
原産国 エジプト
毛種 短毛種
サイズ 小型ネコ
公認団体 CFA・TICA・CCA

歴史

アビシニアン (Abyssinian)歴史画像

アビシニアンエジプト原産の猫種です。

起源はエジプトイギリスエチオピアなど諸説ありますが、古代エジプトの壁画や美術品に描かれている『聖なる猫』の特徴がアビシニアンに似ているため、現在では原産国がエジプトであると有力視されています。

気高い容姿からクレオパトラにも愛された猫とされ、現存する猫の中では最も古い歴史をもつ一つだと考えられています。

正紀としては19世紀中頃のイギリスアビシニア戦争後、イギリス兵エジプトより持ち帰ったネコと『ブリティッシュショートヘア』などの縞ネコを掛け合わせ、キャットショーで高い評価を得てヨーロッパ中の上流階級に普及していきました。

世界大戦時に絶滅が危惧されるほど数を減らしますが、現在では日本を含む世界中で飼育されるメジャーなネコの一種となっています。

特徴

アビシニアン (Abyssinian)特徴画像

ティックドタビーと呼ばれる細かい縞の模様をした美しい光沢のある『グラデーションカラー』の被毛がトレードマーク

体重2.5kg~5kgと平均より軽めの無駄のない引き締まった筋肉質なフォーリンタイプの体型、くさび型の小さな頭と大きな耳にキリッとした美人顔、体長のわりに長いしっぽをもっています。

スリムなボディからなるモデルのような細長くすらりと伸びた脚で、つま先立ちするスタイルから『バレリーナ・キャット』と称されています。

愛好家からは鈴音のような美しい鳴き声と、アーモンド形ゴールドグリーンの瞳が特に人気のポイントとなっています。

性格

アビシニアン (Abyssinian)性格画像

クールビューティーな容姿とは裏腹に非常に甘えん坊アビシニアンは、穏和人懐っこいので基本的には来訪者にフレンドリーに接してくれますが、プライドが高いので見知らぬモノとの接触を嫌う個体も少なくありません。

アビシニアンはネコの中でも知能が高いだけでなく人の言動への理解力も高く、子猫時からの日々のしつけや接し方が非常に重要となってきます。

しつけ次第ではイヌのように芸を覚えさせたり遊ぶことも可能で、幼い子供の遊び相手としても最適です。

毛色

アビシニアン (Abyssinian)毛色画像

毛色はルディレッドブルーフォーンが基本。

飼い方

アビシニアン (Abyssinian)飼い方画像

身体能力が高く活動的なアビシニアンは、部屋中を散らかることが多いので無駄なモノのないシンプルな部屋作りが求められます。

高い場所が大好きなのでキャットタワーを設置するととても喜びますが、四脚が細いので足場には絨毯など柔らかいモノを設置して怪我を防止してあげてください。

のように常に遊び相手を欲っするので他のネコに比べ手を焼くことも少なくありませんが、しつけが入りやすいだけでなくを苦手としていないので初心者にも飼育しやすいネコです。

ダブルコートの被毛は短毛ですが抜け毛がやや多いので、週2.3回のブラッシングに加え定期的にコーミングシャンプーを行ってあげてください。

なりやすい病気や寿命

アビシニアン (Abyssinian)病気寿命画像

アビシニアン平均寿命12歳~15歳とされ、他のネコと比べても平均的な寿命です。

食事が大好きなだけでなく肥満になりやすい体質なので、成猫となってからは食事量を制限してあげる必要があります。

なりやすい病気は肥満が原因の糖尿病や、歯肉炎などの歯周病にかかりやすいので子猫時から歯磨きのしつけをしっかり行ってください。